Francis Barreau

1800年頃のパリの作家で、象牙を使った多層球をモチーフにした作品を作っている。
もともとの発想は、中国の多層球がオリジナルだと思うが、より発展させて西洋的な幾何学的なモチーフを取り入れている。
すこし、詳しく調べてみる必要がありそうだ。