無事に帰還なう

昨日は東京出張だったので、運悪く地震の直撃を受けてしまった。
こんな激しい揺れの地震は、生涯で始めてだ。
山の手線の運行再開を願ったが、厭なくらい長々と余震が続くし、
アナウンスで再開目処が立たないのをしゃべりだした。
その他の交通機関も全線停まっていたので、とりあえず東京駅まで
歩いてたどりつくも既に人でごった返しで途方に暮れる。
歩いていけそうなホテルはどこも満室で取れず、
八重洲地下街も時間つぶしに入れそうな店は満杯で、
今夜の野宿の場所取りまで始まりかけている始末であった。
諦めて場所取りして八重洲に泊まる覚悟でいたが、新幹線が再開というアナウンスが
流れた。
様子を見にいくと、駅員がおいでおいでするので、ここは勝負に出た。
八重洲に泊まるか、新幹線で行けるところまでいくか。
新幹線に乗れたところで、知らない土地で立ち往生して缶詰にされてはたまらないが、
えいままよと、新幹線に飛び乗るも、なかなか発車しないし、
そうこうして、発車はしたもののすし詰め情報でのろのろ運転で
イライラする。結局名古屋に着いたのは、12時近くになり、
今度は名古屋で泊まる場所を探すが名古屋のホテルも地震の影響で満室状態であった。
疲れ果てていたので、もうサウナでいいやと一泊し無事に帰還なう。