月別アーカイブ: 2012年4月

ミナモちゃんの最後

家から歩いて10分ほどの距離に、知る人ぞ知る奇祭「手力の火祭り」というものが
行われます。
前々から聞いてはいたのですが、毎年けが人などが出るので、観に出かけるのをためらって
おりましたが、今年はちょっと観て見る気になり出かけました。

参加する町内によって、それぞれ趣向を凝らした神輿がでるのです。
暗がりの中、遠くから音を鳴らして近寄ってくる電飾神輿の様は、どこぞのテーマパークのエレクトリカル
なんとかをほうふつとさせますが、こちらは純和風なテイストで風情があります。
これは、岐阜県ローカルなキャラクターの「ミナモ」ちゃんというヤツです。
それならよくある村祭りと変わりませんが、よくみると花火が巻きつけてあります。
目が光っているのもちょっと不気味です。

さて、祭りのクライマックスでは、この神輿は火柱の中に突入していきました。
そして、見事に点火、炎上するミナモちゃん。

下呂温泉の巨石文明

下呂温泉の近く、金山というところにあります。
もし、下呂温泉に来られることがあれば、ちょっと足を延ばして観てください。

我が家からは、そんなに遠くない所ですが、
古代の巨石文明などに興味のある人はちょっと面白いと思います。
意外と近所にあまり知られていない面白いスポットがまだまだあります。

でっかい石ころがごろごろ転がっているだけのように思えますが、
一応、天文学的な規則性があるようです。
果たして、どうやって運んだり配置したりしたのか、或る意味不可能物体です。
ここ数年のパワースポット流行りで知られるようになりましたが、
まだまだ整備中で観光客も殆どおりません。
観るなら、今がチャンスですヨ。
オススメは、夏至とか春分とかに来るとスポット光が見られるらしいです。
エジプトやマヤの神殿と同じ仕掛けですね。

一応、神社ということになってます。
この石は、下からみると北極星を指すように配置されているとのこと。

あぶないので良い子は石の上に乗ったりしてはいけません。

遊歩道などがかなり整備されつつあります。

石はかなりデカイのがゴロゴロしてますです。

案内板なども以前は無かったらしいのですが、今はしっかりあります。

古代のぷちロマンに浸ることができました。

福よせ雛

先日の記事の写真の元ネタは、じつは「福よせ雛」というイベントなのでした。
雛人形を使って、いろいろ趣向を凝らした展示の仕方を郡上市内の各所で行っているのです。
詳しくは、”福よせ雛”で検索してくれ。
つっこみどころがいっぱいで楽しませていただきました。

郡上踊りの由来

ちょっと、小ネタを。
我が出身の岐阜県の有名な観光スポット「郡上踊り」はご存じかと思うが、
その由来について現在、郡上八幡城で展示が行われている。
江戸時代の宝暦の頃、時の飢饉を尻目に、城内では酒池肉林の放蕩三昧が日夜行われおった。
その様子を再現したジオラマ、奥の姫様方は今でいう「女子会」に明け暮れ、
、果ては城内宴会ライブなども行われる始末。
これがいわゆる「郡上八幡城の伝説」


いわゆる「女子会」
手に持っているのはビールと思われる。


いわゆる「宴会ライブ」

これに不満を持った農民が起こした一揆が有名な「郡上一揆」であり、そこから庶民の
ガス抜き対策として郡上踊りが始まったということである。

なーんてね、これはエイプリルフールの大ウソです。