月別アーカイブ: 2011年3月

私だけ?

最近、「ぽぽぽぽ~ん♪」(某TVCMより)が
頭の中でヘビーローテションしております。
巷では同じ症状の人は多いと思うのですが、
「ぽぽぽぽ~ん♪」と、昔ログインという雑誌で連載されてた
「べーしっく君」というマンガでべーしっく君が最後に決める
決め台詞「すぽぽぽぽ~ん」が被るのですが、私だけ?

減税減税の人

先日の東京出張ののぼりで、ホームで新幹線を待っていると、
なんとすぐ脇にあの市長さんの「たかし」がいるではないか。
一緒にいるのは、たしか県知事か?
どうやら同じ新幹線の車両に乗るようだ。
たかしの方はあまりきれいな格好はしていないくて、出張するときくらい
服装に気を使えよとおもたったけど、無視してやった。
しかし、周りには見送りとか付き添いとか全くいなくて、
全くオーラが出ていないし、汚いおっさんにしか見えない。
変に近寄られると避けたくなる雰囲気。
しかも、なんか、声でも掛けて欲しいのか、不機嫌そうにちらちらと
こちらを見るので、余計に無視にしたくなる。
そのうち、おばちゃんが気付いたのか、声をかけたりするが、
それも一人だけ。
東京に着いたら、なんとか出迎えの人がいたみたいで、そいつらに囲まれると笑顔になる。
この方、減税減税ってありがたいのだが、もうすこし見た目はなんとかならんものか。

無事に帰還なう

昨日は東京出張だったので、運悪く地震の直撃を受けてしまった。
こんな激しい揺れの地震は、生涯で始めてだ。
山の手線の運行再開を願ったが、厭なくらい長々と余震が続くし、
アナウンスで再開目処が立たないのをしゃべりだした。
その他の交通機関も全線停まっていたので、とりあえず東京駅まで
歩いてたどりつくも既に人でごった返しで途方に暮れる。
歩いていけそうなホテルはどこも満室で取れず、
八重洲地下街も時間つぶしに入れそうな店は満杯で、
今夜の野宿の場所取りまで始まりかけている始末であった。
諦めて場所取りして八重洲に泊まる覚悟でいたが、新幹線が再開というアナウンスが
流れた。
様子を見にいくと、駅員がおいでおいでするので、ここは勝負に出た。
八重洲に泊まるか、新幹線で行けるところまでいくか。
新幹線に乗れたところで、知らない土地で立ち往生して缶詰にされてはたまらないが、
えいままよと、新幹線に飛び乗るも、なかなか発車しないし、
そうこうして、発車はしたもののすし詰め情報でのろのろ運転で
イライラする。結局名古屋に着いたのは、12時近くになり、
今度は名古屋で泊まる場所を探すが名古屋のホテルも地震の影響で満室状態であった。
疲れ果てていたので、もうサウナでいいやと一泊し無事に帰還なう。

再発掘

うっかり売ってしまったと思っていた資料が、他の資料を探しているうちに出てきた。
引っ越しやらなんやらで放置してあるものが多いので、
その中に紛れ込んでいたようだ。
しかし、今度は目的の資料が見つからん。
ちゃんと資料を整理する癖をつけんとあかんな。