月別アーカイブ: 2003年6月

ジュリクルキャッツ

最近、近所を徘徊するネコを手なずけとちょっとしたえさを置いてある。
いつのまにかなくなっているので、きっと食べてくれているのだろう。
いろいろ試してみたが、魚肉ソーセージがお気に入りのようだ。
置くとすぐになくなっている。

ところが、先日、朝、事務所に来てみると、子猫が玄関先で死んでいた。
首に怪我があるようだったので、喧嘩でもしたのかそれが死因であろう。
化けてでると嫌なので、丁重に庭に葬ってやった。

どうも事務所の玄関前が猫道として定着してしまったようだ。
それも、最低3匹はいる。同じコースをたどって通り過ぎる。
しかし、どいつも人の顔を見ると逃げてしまい、慣れるような全く素振りはない。
きっと、夜な夜などこかで集会でもしているのだろう。
それとも舞踏会でも開いているのだろうか。

ドルフィンパワー

秋葉原でドルフィンパワーなるものをゲットした。
手動式の携帯電話の充電器である。
にぎにぎすると発電して、充電ができるエコロジーな商品である。
なぜ、ドルフィンパワーという名なのか考えてみると、
にぎにぎするときの音が、キーキー聞こえるので、イルカの声に聞こえるのではと推定する。

充電するだけでなく懐中電灯としても使うことができる。
夜、事務所の電灯をすべて消した後なんか、すごく便利だ。
出力は、3.5Vくらいの直流がでるので、携帯ACアダプターとして
もつかうことができる。でも、ずっと、にぎにぎしていないといけないが。
なんとなく、握力も鍛えることができる気がして一石二鳥である。
Docomo,Jphoneにしか対応していないが、出力端子の形状を変えれば、
きっとAUでも使えるだろう。
ちょっと改造すれば、手動式の発電機としていろいろな用途につかえそうだ。
先日100円均一で、電池式扇風機をゲットした。
これにUSBケーブル(これも100円)を接続してUSB扇風機を製作してみた。
かなりうるさい割に、ぜんぜん涼しくない。かつ、接触が悪かったかマシンが落ちた。
これは使えない。

その扇風機が余っているので、このドルフィンパワーに、とりあえず、扇風機でもつけてみるか。
手動式発電式扇風機。かなり無意味。乞うご期待。

フレンチドック4

先日、北海道出身の方からフレンチドックについての意見をメールでいただいた。
フジテレビの「めざましテレビ」でこの話題がでたそうだ。
私は、相変わらずに北海道にいく機会に恵まれていないので、砂糖をまぶして食べたことはない。
いつか北海道へ行った時の夢である。
また、関西方面でもフレンチドックと言う食べ物、名称が通じるらしい。
あの食べ物の名前は、全国区では一般的ではないらしく、もちろん明確な定義もない。
下手をすると、本ページへのリンクや意見を元に真面目に語られているふしもあり、大変困ったことだ。
私が名づけ親では決してないのに。
一応その方からいただいた意見を抜粋すると、

「私が住んでいた釧路の隣の十勝でもフレンチドックには砂糖をまぶすor
ケチャップ+マスタードですが、大人が砂糖を選んでも不自然じゃありま
せん。中身は魚肉ソーセージでした。
友人にきいてみたところ、釧路・十勝・網走の道東エリアでは砂糖が一般
的のようです。道東の他の地方には友人がいないのでわかりません。
そして、たぶん道東にはアメリカンドックという名称の食べ物はありません。
逆に関東の友人にきくとフレンチドックって聞いたことないと言います。

アメリカンドックのことを釧路ではフレンチドックと呼ぶとめざましテレビ
では言ってましたが、実際には道東にはフレンチドックしかなくて、関東に
はアメリカンドックしかないというのが正解のようです。
私はどっちも食べてるんですが、名称の違いも中身の違いも今まで意識した
ことがなかったらしく、めざましテレビで見たときにアレレ???と混乱
してしまいました。」
とのことです。
あの食べ物の名前については、全国区では混乱しており、正しい定説は今の所ないというのが正しい状況であると思います。
くれぐれも、私もおポンチなフレンチドック論を真に受けることのないように!