月別アーカイブ: 2002年9月

トリトン

今の仕事の関係で、晴海トリトンによく出入りしている。
大変トレンディなスポットで、ショッピング街や有名シェフの店なんか入ってたりする。
先日NHKでやっている「OLの花子さん」を見ていたら、トリトンの入り口の動く歩道が
映った。ほかにも見たことがある景色が映ったりする。
時々ドラマのロケに使われているようだ。
オフィスが30階の海側なので、お台場やディズニーランドが視界に入る。
残業するととても夜景が綺麗だ。
このトリトンこのように場所はとても結構だが、昼飯にはとても困る。
全体的に割高でとても毎日飯を食うとこではない。
ファーストフードの類は、ファーストキッチンがあるだけで、他にはない。
弁当とかも売っているが最低でも500円以上はする、
勤めている人数に比べて、圧倒的に食べるところが少ない。
それなりの店が入っているようだが、実際食べてみると値段には
つりあっていない気がする。最低でも1000円は出さないとまともな飯は食えない。
トリトンに限らず東京は、基本的に飯がうまくないと思えるのは、私だけだろうか。
ファーストフードとかフランチャイズなどの店は確かに店の種類も多くて、
楽しめるが、基本的な素材とか味とかはだめだと思う。
トリトンでおいしそうに飯を食べている人達を見て、だまされているなと思ってしまう。

カプセル三昧

カプセル三昧
最近東京出張が続いていて、カプセルホテルに泊まることが多い。
本当は、せめてウィークリーマンションなどに泊まりたいが、予定が
はっきりしないことと経済的に無理なためカプセルを吟味して渡り歩いている。
仕事場の都合上、大江戸線沿いに宿を決めたいこと、そして
安く安心して泊まれることなどから浅草界隈を中心に宿を選んでいる。
浅草は、観光客が多く夜も静かでおとなしく、安い宿が多い。
浅草線、銀座線、少し歩くと大江戸線と交通の便も良い。
時間に余裕のあるときは、朝の仲見世や浅草寺をうろつくのも楽しい。
よく泊まるのは、浅草にあるリバーサイドホテルだ。
ここは、一泊2900円と安い上、新しくきれいで静かだ。
観光客や女性も泊まれるようになっていて、カプセルにしては悪くないほうだと思う。
サウナといっしょになっているようなところは、泥酔した客などが階段で
寝ていたりするが、そのようなこともない。観光客や外人さんもいるので、
比較的客層は、穏やかである。
屋上の大浴場からは、隅田川が見渡せ、目の前にアサヒビールの
あのオブジェも見える。
浅草界隈には、他にも2200円から泊まれるカプセルもある。

ここは、TVも有料だし、お風呂もちょっと入る気になれなかった。

客層もちょっとという感じだ。カプセルそのものも年代を感じた。

浅草カプセルという2600円のところも泊まってみた。ここは、カプセルというより、

部屋を無理やり上下左右に仕切ったようなつくりだ。

普通のカプセルよりすこし広めだが、すごく小さなロッカーが室内にある。

しかもこのロッカのかぎが壊れていることがあって使えない。

セキュリティボックスが部屋と別にあるので、貴重品はそこにおかねばならない。

部屋も少々薄汚れている。

値段は、2500円とかかれているが、実際にはなぜか2600円取られる。

他にも浅草ロックのほうにいくと2500円から泊まれる所は何箇所かあるようだ。

というわけで、すっかりカプセル通になってしまった。