月別アーカイブ: 2002年7月

全国のきよりさん

最近、私以外の「きより」さんからメールを頂いた。
「きより」というのは、どちらかといえば変な名前である。
名前らしくない名前だと思う。どちらかといえば、女性の名前にふさわしいかもしれない。
かつては、「きより」という名の人物は、おそらく他には存在しないと思っていた。
人生でいまだに身近なところで、「きより」さんには会ったことがない。
インターネットが普及して、HPが簡単に検索できるようになると、この考えは見事に砕けた。
Googleでkiyoriをキーワードに検索するとぞろぞろ出てくる。
検索結果の数も年々増えてきている。
数年前までは、自分に関連するHPしか検索されなかった。
おかげで、過去の悪事が検索されて我ながら恥ずかしい思いをした。
しかし最近は、すくなくとも10人前後は、きよりさんが存在していて、それぞれHPを持っておられることがわかった。
しかも、男性よりも、女性が多いのに気づいた。女性の名前にしても、どちらかと言えば変な名前であろう。しかし、字の当て方によっては、語感は、非常に良いと思う。
それぞれのHPを参照してみると、DJなどで活躍されている人や、独自の世界観を持って追われるひとなど個性豊かだ。
メールやHPを持っていないきよりさんを合わせるといったい何人いることやら。
これほどまでに、たくさんのきよりさんが存在しているとは、これまで名前がユニークあることを誇りに思っていた私には、自己のアイデンティティが崩壊するかの思いだ。
全国の「きより」さん、もしこれを読んだらご意見ください。