月別アーカイブ: 2000年9月

ワトソン博士

LAWSONでロッピーが出たばかりの頃、ロッピーで遊んでいたら、ワトソン博士が出た。
「ワトソン博士」というのは、Winodws系のPCで障害があると障害解析のために勝手に出てくるやつだ。
あまりに嫌な感じがしたので、すぐその場を立ち去った。
仕事柄、この手の新しいものには、触っておかねば気が済まない。
街角で挑戦状を叩き付けられた気になるのだ。
私を甘く見てはいけない。触り方もいわゆる「意地悪試験」というやつをやってみる。
開発者が絶対しないような触り方を敢えて試みる。
すばやく画面を押してみたり、手順とは関係のない操作をやってみる。
最近は、WindowsベースのOSが組み込まれたこの手の機械が増えている。
ゲームセンターにもWindowsベースのものを使ったものが増えてきたし、コンビニやスーパの
POSレジもほとんどがWindowsだ。最近のPOSレジは、電卓が大きくなった単純なものでなく、
中身はPCである。マウスやキーボードは当たり前、USB、LANは標準装備だし、CDROMだって
オプションで内蔵できる。
コンビニなどで買い物をしていて、POSがハングッって、リブートをしている様を良く見掛ける。
POSに出ている画面もいかにもVBだ。
嫌だ嫌だと思っていても、職業柄かつい、POSのメーカや画面イメージを覗いてしまうである。
そして、レシートを見ると、ついエスケープシーケンスを思い出してしまうのである。