月別アーカイブ: 1999年9月

ジョイスティックのすすめ

最近は、DOS/V用のエミュレータに良いものが出回っていて、特に家庭用ゲーム機の
エミュレータの完成度もあがっているようです。
この他に、アーケードゲーム基盤のエミュレータなども出ていて、こちらも
結構完成度が高くついつい遊んでしまいます。
さて、アーケードゲームがPCで遊べるとなるとほしくなるのが、
ジョイスティックです。
キーボードでは、せっかくのゲームも興ざめです。
PC用のジョイスティックというと、どうしても輸入物のでかくて、
スロットル型のものになってしまい、どうもアーケードゲームとは
相性がよくありません。
そこで、今回は、SEGAが発売しているSaturn用のバーチャスティックを改造して、
PC用にしてみました。
SaturnやPSのジョイスティックは、ファミコン屋にいくと手ごろな値段で
中古品が出ていることがあるので、見つけたら買っておくと良いでしょう。

とくに、SEGAのバーチャスティックは、良くできていて、かつ中身が空っぽ
なので、改造に適しています。
使っているパーツも本格的ですし、大きくて安定性があります。
私は、近所のファミコン屋で、3980円で購入しました。
新品だと5980円はするので即ゲットです。
ジョイスティックは、カセットやCDROMにくらべて流通量が少ないので、
比較的大きなファミコン屋を回ったほうが入手しやすいでしょう。
接点だけを利用するので、スーファミやPC ENGINE用のでもかまいません。
できるだけ、パーツの良いものを入手することを進めます。
良いものが手に入れば、もう一生ものです。
ぜひこの機会に入手しておくことと良いでしょう。

さて、改造に取り掛かる前に、準備するものがあります。
PCのゲームポートから出る信号は、ゲームパッドの場合非常に単純です。
単純な接点出力をジョイステッィクのスイッチにつないでやれば、いいだけです。
しかし、今回は手間を省き、PCの安いジョイパッドを利用しましょう。
これは、普通1700円くらいでパソコンショップで売っています。
特売だと1000円くらいで売っていることもあるでしょう。

このくらいの値段なら、コネクター+ケーブル代+手間賃を考えて、
ゲームパッドの部品を利用してもわるくありません。
基盤にもそれらしい文字が書いてあるので、いちいちテスターで調べる
手間もかかりません。
また、連射機能などを利用することもできます。

次にバーチャステッィクの裏ブタを開けて、配線を確認します。
バーチャスティックの配線は、すごく簡単です。
レバーやボタンスイッチの接点の部分から、買ってきたパッドの基盤の
該当する部分に空中配線します。

スティック部分の配線はこのとおりになっています。
白いコネクタは、抜いておかないと接点出力のみを取り出せません。
接点の共通側は、基盤のGNDにつなぎます。

ボタンも同様です。
共通部分は、基盤のGNDに接続します。
使うジョイパッドにもよりますが、4ボタンしか機能しないものが多いので、
好みのボタンにそれぞれ割り付けます。

配線がすんだら、基盤を絶縁して、バーチャスティックのケースに収めます。
これで、作業は完了です。
憧れのバーチャスティックが、PCにつながりました。

基盤は、絶縁のためと固定のためにガムテープでぐるぐるに巻き、適当なところに
貼り付けます。

これで完成です。

ここでアドバイスです。
中古のジョイスティックは、よく見て買いましょう。
特に接点がゴムのものは、劣化している可能性があるので、買わないほうが良いでしょう。
レバーを操作してカチカチ音がするものを購入しましょう。

定価が5000円以上するのは、だいたいアーケードと同じものを使っているので、
それほど劣化しません。
また、グリスをつけてやることで、操作性が復活します。
私は、ミニ4駆用で売っているプラスチック用グリースを使ってみました。
驚くほどスティックの動きが滑らかになり、やる気も出てきます。

ちなみに、こちらは、スーミファミ用のジョイステッィクを改造したものです。

なんじゃこりゃ!!

先日、高山に出来たある宗教法人が設立した光記念堂というところへいってきました。
私は、別にこの宗教とは縁もゆかりもありませんが、その概観にちょっと引かれるものがあって、思い立ってみてきました。
というのは、去年旅行にいったメキシコでマヤの遺跡を多くみてみて、ちょっと中南米はマイブームなのです。
そこに、ここの建物がマヤ建築を真似た作りであると聞き見に行かずにいられなくなったのです。
特に、この宗教に関係するひとしか入れないわけではないので、とりあえず見てきました。
一般人も気軽に入れますし、勧誘とかもありません。
ちなみに、いわゆる博物館ではないので、展示内容はかなり間違いや違和感があります。
中南米の遺物の常設展をやっていて、中の作りは博物館そのものです。
中途半端な時代考証で、素人にもすぐ間違いが分かります。
展示の方向性がはっきりしていて、心のシートベルトが必要です。
それはそれで、結構面白いです。

これは、ウシュマルにある総督の館をそっくり真似たものです。
実際には、後ろに見えるピラミッドの形は全く違いますが、結構良くできています。
かなり、特徴を出していますが、やっぱりいろんな遺跡のパーツを組み合わせているように見えます。
モザイク模様もなんか違う感じがしますし、肝心のチャック(雨の神)がありません。
ちなみに、本物はこんな感じです。

空とか背景のジャングルがぜんぜん違うので、違和感大爆発です。

これは、マヤアーチです。
こうゆう建物は見たことないですが、マヤアーチは、確かにこんな感じです。
玉がいっぱい転がっているのは、コスタリカをイメージしたものではなくて、
この宗教のシンボルだと思います。

奥に入るとマヤ式ピラミッドが見えて来ます。
残念ながら、登ることはできません。
これは、きっと碧眼のピラミッドとやつで、ウシュマルにはありません。
やっぱり、階段部分にククルカンがありません。
やはり、宗教法人の建築らしく、他の宗教が崇める神は、表現できないのでしょう。

全体には、結構お金がかかっていて、よくこんなものをつくる金があるなという印象です。
ここは、ぜひお勧めします。岐阜の怪しいスポットNO1です。

インカコーラ購入ガイド

東海地方限定で、インカコーラの購入方法を紹介します。
インカコーラは、南米料理や南米雑貨の店で手にいれることができます。
最近は、ブラジルの人が出稼ぎに来ていることが多いので、大きな
工場などがある付近には、南米料理や雑貨の店があることがあります。

(1)大須の南米雑貨屋「エスニック」

http://www.bekkoame.ne.jp/~ethnic/

確か、1本150円

(2)リトルワールド内のペルー料理の店
リトルワールド内にあるペルー領主の家にある。
セビッチェなども食することができる。
なんと、インカコーラは、1本400円もする。
紫トウモロコシのジュースなどもある。

(3)新安城駅の東口にあるブラジル雑貨の店
近隣のブラジル人御用達の店。
このあたりは、トヨタに近いこともあり大きな工場が乱立している。
よって、出稼ぎのブラジル人も多いのであろう。
この店は、肉のはかり売りなどもしていて、ちょっと異様な雰囲気が漂う。
客も店員もブラジル人なので、外国に来たような気がする。
インカコーラは、105円。
食料品のほか、雑貨やビデオなども売られている。
日本語は通じます。

(4)パシフィコ・ブラジル
地下鉄名城線「神宮西」を降りて地上に出たところが大きな交差点になっております。ここを国道19号線に沿って北へ歩いて行きますと、徒歩約3分、歩道橋を越えてスグのところに、左(西)側道沿いに店がデンと構えています。食材が中心の、清潔感ある良いお店です。

(5)美濃加茂周辺
美濃加茂には、ソニーがあるのでブラジル人が一杯出稼ぎにいているらしい。
美濃加茂の町にブラジル雑貨の店やブラジル料理の店があるとうわさで聞いた。(未確認)
おそらく、美濃加茂周辺を探れば、インカコーラは手に入るだろう。

(6)岐南のビレッジバンガードのタコス屋
岐南にあるビレッジバンガードという本屋さんの敷地内にあるタコス屋さん。
南米料理に限らずに、メキシコ料理、タコス屋などにもインカコーラは扱っているようだ。
インカコーラに関しては、ぜひこちらも参考にしてください。
インカコーラファンクラブ