カテゴリー別アーカイブ: 旧社長日記

エスプレッソメーカ

Electrolux エスプレッソマシーン ブラックルバー
EES100
というエスプレッソメーカを購入した。
マシンそのものは、値段の割りにはしっかりしたエスプレッソが飲めるし、デザインもシンプルで剥き出し感が気に入っているのだが、少々メーカの対応に気になることがあった。
同社の製品を購入しようとする人のために記事に残しておこう。
そのマシン、カタログを見ると、
付属品: フィルターホルダー、タンパー、フィルター(大)、フィルター(小)、グラスジャグ(4カップ)
となっている。これは、メーカ公式サイトのオンラインカタログで確認できる。(2006/3/21)
ところが、届いた製品には、タンパーが入っていないし、フィルターもひとつしか入っていない。
これは、おかしいのではないかと電話連絡したら、これで正しいという説明であった。
確かに、製品に付属の取り扱い説明書には、タンパーは含まれていないし、フィルターも1種類し含まれていないように書かれている。
メーカの説明によると、タンパーは必要のないモデルであるし、フィルターも1つで足りるということであった。
だから、カタログが間違っていて、取り扱い説明書が正しいのだと言い張るので、それはおかしいのではないかと問い詰めたら、タンパーは後から送付するという決着になった。
タンパーが、本当に必要かどうかは、マシンにそれほど精通していないので、わからないし、どうでも良いことだ。
問題は、カタログの内容と違うものを送ってきて、それが正しいという言い張るメーカの態度である。
一般の顧客は、ほとんどの場合カタログを見て、それを比べてスペックを検討し、購入に至るはずである。それが、信用できないのであれば、カタログの価値はないし、メーカそのものが信用できない。
送られてきた製品の取り扱い説明書に書かれていても、それは、買う場合に確認できないではないか。ユーザにおいて、どちらが、正しいかといえば、まずカタログだろう。
HPやカタログというのは、広告そのものであり、これは広告に偽りがあるということか。
後付けの説明書で、製品仕様を勝手に変えられては、これは問題ではなかろうか。
偽装マンションと同じことで、購入した後で、鉄筋が抜かれていたことが判明し、それでも、問題なく住めると言い張る建設会社と同じ屁理屈ではないか。
さて、その後、書面とあわせて、このタンパーが送られてきたが、その内容には、やはりカタログが間違っているという旨が書かれていて、その後訂正されたようには見えない。
どうも、本質的なことが伝わらなかったようで残念である。
たかが、タンパーひとつではあるが、メーカそのものの信頼にかかわる問題であることを理解して欲しい。
製品のデザインや品質は、特に問題はないし、むしろ気に入っているので、もう少し対応をスマートに行って欲しいものである。

「NTTの工事」ってはっきり言いましたよ

事務所を開いているとNTTやKDDIの代理と名乗る者がよくやってくる。

ビジネスフォンとかIP電話を勝手に取り付けようとする輩だ。

職業柄この手のものには比較的詳しいし、大事な回線を勝手に弄られててはたまったものではないので、大体玄関先で追い払う。

最近ちょっと知恵が付いたのか、「NTTの代理」とかいうとすぐに追い払われるので、「NTTの工事」ですとか、「NTTのものですがこの地域の担当が替わったので挨拶にきました」とかぬかした。

NTTが積極的に営業にくることはまずないのだが、全くないこともなり。仕事柄NTTの営業に知り合いがいないこともない。

いつもとの語り口とちょっと違ったので、つい少し長話をすることになってしまった。

職業柄、性格柄、基本的に人を疑ってかかるので、話が進むとだんだん怪しくなってきた。

「NTT」ではないのだなと問い詰めるとはっきり「NTTではない」とようやく断言した。すると顔付きがはっきり変わり悪人の形相になった。ここから先は、想像にお任せする。

この手の業者は、良心のかけらが少しでも残っているのか少なくとも「嘘」はつくことはなかった。嘘はつかないが、言葉使いで相手の勘違いを引き出そうとするだけだった。

だから、その言葉使いをよく聞けば見破れるし、なにも知らずに営業にくるので登録内容や回線状況などの情報を全く知らないのですぐばれる。

だが、最近は、明らかに嘘をついてる。そして問い詰めると、嘘をついていないと訂正しようとする。
はっきり聞き取れなかったが、「第一電話」と聞こえた。
こんなの放置していいんですかね、NTTさん。信用問題になりますよ。
ちょっと悪質すぎますよ。

さらに、時には、このような業者が他にいるので迷惑していると自分達が被害者であるとまでいう。ご丁寧に、NTTの正規代理店のリストまで持参して、自分達が正規の代理店だといわんばかりだが、そのリストすら怪しいのだが、確かに通信関係の有名企業などがリストになっている。

知り合いの通信業者も名前が挙がっていたので途中までは正確だ。

オレオレ詐欺ではないが、変な小芝居を使うので、これからは注意が必要だ。
こんなくだらない小芝居に付き合わされた自分が、まず恥ずかしいし、腹立つのだ。

ジュリクルキャッツ

最近、近所を徘徊するネコを手なずけとちょっとしたえさを置いてある。
いつのまにかなくなっているので、きっと食べてくれているのだろう。
いろいろ試してみたが、魚肉ソーセージがお気に入りのようだ。
置くとすぐになくなっている。

ところが、先日、朝、事務所に来てみると、子猫が玄関先で死んでいた。
首に怪我があるようだったので、喧嘩でもしたのかそれが死因であろう。
化けてでると嫌なので、丁重に庭に葬ってやった。

どうも事務所の玄関前が猫道として定着してしまったようだ。
それも、最低3匹はいる。同じコースをたどって通り過ぎる。
しかし、どいつも人の顔を見ると逃げてしまい、慣れるような全く素振りはない。
きっと、夜な夜などこかで集会でもしているのだろう。
それとも舞踏会でも開いているのだろうか。

ドルフィンパワー

秋葉原でドルフィンパワーなるものをゲットした。
手動式の携帯電話の充電器である。
にぎにぎすると発電して、充電ができるエコロジーな商品である。
なぜ、ドルフィンパワーという名なのか考えてみると、
にぎにぎするときの音が、キーキー聞こえるので、イルカの声に聞こえるのではと推定する。

充電するだけでなく懐中電灯としても使うことができる。
夜、事務所の電灯をすべて消した後なんか、すごく便利だ。
出力は、3.5Vくらいの直流がでるので、携帯ACアダプターとして
もつかうことができる。でも、ずっと、にぎにぎしていないといけないが。
なんとなく、握力も鍛えることができる気がして一石二鳥である。
Docomo,Jphoneにしか対応していないが、出力端子の形状を変えれば、
きっとAUでも使えるだろう。
ちょっと改造すれば、手動式の発電機としていろいろな用途につかえそうだ。
先日100円均一で、電池式扇風機をゲットした。
これにUSBケーブル(これも100円)を接続してUSB扇風機を製作してみた。
かなりうるさい割に、ぜんぜん涼しくない。かつ、接触が悪かったかマシンが落ちた。
これは使えない。

その扇風機が余っているので、このドルフィンパワーに、とりあえず、扇風機でもつけてみるか。
手動式発電式扇風機。かなり無意味。乞うご期待。

フレンチドック4

先日、北海道出身の方からフレンチドックについての意見をメールでいただいた。
フジテレビの「めざましテレビ」でこの話題がでたそうだ。
私は、相変わらずに北海道にいく機会に恵まれていないので、砂糖をまぶして食べたことはない。
いつか北海道へ行った時の夢である。
また、関西方面でもフレンチドックと言う食べ物、名称が通じるらしい。
あの食べ物の名前は、全国区では一般的ではないらしく、もちろん明確な定義もない。
下手をすると、本ページへのリンクや意見を元に真面目に語られているふしもあり、大変困ったことだ。
私が名づけ親では決してないのに。
一応その方からいただいた意見を抜粋すると、

「私が住んでいた釧路の隣の十勝でもフレンチドックには砂糖をまぶすor
ケチャップ+マスタードですが、大人が砂糖を選んでも不自然じゃありま
せん。中身は魚肉ソーセージでした。
友人にきいてみたところ、釧路・十勝・網走の道東エリアでは砂糖が一般
的のようです。道東の他の地方には友人がいないのでわかりません。
そして、たぶん道東にはアメリカンドックという名称の食べ物はありません。
逆に関東の友人にきくとフレンチドックって聞いたことないと言います。

アメリカンドックのことを釧路ではフレンチドックと呼ぶとめざましテレビ
では言ってましたが、実際には道東にはフレンチドックしかなくて、関東に
はアメリカンドックしかないというのが正解のようです。
私はどっちも食べてるんですが、名称の違いも中身の違いも今まで意識した
ことがなかったらしく、めざましテレビで見たときにアレレ???と混乱
してしまいました。」
とのことです。
あの食べ物の名前については、全国区では混乱しており、正しい定説は今の所ないというのが正しい状況であると思います。
くれぐれも、私もおポンチなフレンチドック論を真に受けることのないように!