他にもイロイロ面白いネタあります。ぜひトップページからお入りください。
リンクは、必ずトップページにリンクしてください。http://galleryimpossible.com/

メニューへ戻る


カウンター (2006/4/4カウンター設置)
キリ番ゲットされた方は申し出てくださレ。何か良いことあるカモよ。



姫路にて Japanese puzzle bottle in Himeji



現在開催中の「ちりめん細工と瓶細工」展を見てきました。

姫路城で開催の菓子博とやらには、一切目をくれずに、日本玩具博物館へ。
「瓶細工」の展示としては、これだけのコレクションを持っているトコはないし、
それらを一度に展示するのは、なかなかないことだ。
常設のものに加えて、60点ほどが展示されています。



瓶細工は、もともと作成されたものが少ない上、現存していても状態がよくないことが多いので、
展示に耐えるものも数少ない。
そういった中で、日本玩具博物館でも何年かに一度しか展示しないので、
このチャンスを逃すと次はいつになるかわかりません。

たまたま井上館長がいらしたので、話かけるとつい長居をすることに。
きっと同類のにおいを感じられたのでしょう。
特別待遇で、お茶にコーヒー、著書をいただき、最後は駅まで送っていただきました。


そして、なにやら修復して欲しい瓶細工があるということで、それを持ち帰ってきました。
現在修復作業中なので、その過程をちかじか報告したいと思います。


ぜひ、この機会に日本玩具館に足をお運びください。
お早めにどうぞ。

「ちりめん細工と瓶細工」

会期  2008年2月23日(土)→6月24日(火)
日本玩具博物館
Japan Toy Museum


また、このような瓶細工をぜひ自分でも作ってみたいとお思いの方は、
現在以下の場所で定期的に教室が開かれています。
私もここで習っています。

草抄流 瓶細工 広田抄朋

喫茶&ギャラリー「ぶらっと」
毎月 第2、第4土曜日 14:00〜

愛知県名古屋市守山区四軒家1丁目1567
052-776-7373

 


情報提供、ご意見などは、送信フォームまで

もし、このサイトで紹介しているよう不思議な創作物を見かけたらぜひご一報ください。
採用者には、拙作の粗品になりますが謝礼を差し上げております。
ただし、粗品は、造り置きしたものから適当にチョイスします。
何が届くかはお・た・の・し・み

※電話、FAXによる受け答えは一切行いません。
また、アポなしで訪問されても居ない事が多いので、必ず事前に連絡フォームで確認してください。


※メールの題名には、日本語で、出来るだけ判りやすいものをつけてください。
Spamメールが大変多いので、安直なタイトルだと全く気が付かない場合あります。教えて君は、基本的に却下します。

Contact me(Sorry,Contact Form Only !! Do not phone me.)
Please send me a message about your information or comment , etc.
Please apply the comprehensible title of mail as much as possible.
Because I receives quite a lot of Spam mail.
And pardon me,I can't teach anyone how to make a impossible objects.
This is my policy rule,if you beg me how to,I will ignore you.
Contact Me

リンクはご自由にどうぞー。
If you like,Link free!

 もし本記事がお気に入りましたら、以下をぽちっとしてくださると助かります。
細々とした運営をおこなっています。ご助力のほどをお願いします。
よろしければ、投銭をお願いします。

bitcoin:1BkUhqHZBRn2MqBiqwRwZfWwfJ81ozww6t