他にもイロイロ面白いネタあります。ぜひトップページからお入りください。
リンクは、必ずトップページにリンクしてください。http://galleryimpossible.com/

メニューへ戻る


カウンター (2006/4/4カウンター設置)
キリ番ゲットされた方は申し出てくださレ。何か良いことあるカモよ。



アートと不可能物体の融合 Art and Impossible Object

もう何年も前ですが、海外でアートの勉強をしているKaoriさんから、
画像が何度か送られてきていました。
忘れしまわないうちに、改めて紹介します。
ボトルの中に入っている木の人形 Kaori#1
作者曰く、
        ボトルには、わからない、 しなきゃいけない、 責任、孤独、など 悩みや、 
        ネガティブの言葉が書いてあります。 
        その心情から自分は抜け出せなく、誰でもそういうのから抜け出すのは大変だ。
        というのを表しています。 
        そして、メインのコンセプトの一つは、観覧者にどうやってこの人形が入ってしまって
        どうやったら抜け出せるのかを考えさせることです。
        それによって、友達が悩みを聞いているとき私がどうやったら抜け出せるか考えてくれたりアドバイスをくれる。
    
わー、アートと不可能物体の融合です。
拙も時にクリエイターぶって、メッセージ性を匂わせたりしますが、ちゃんと勉強している人は表現力が違いますね。


CDプロテクターに入っている木の矢 Kaori#2
このCDにも何やらメッセージが書かれています。
矢が折れているのもアート作品なら「有り」だと思います。
いい味出てますよ。

私も一つ一つ思いを込めて物体を作っています。
それでこそ不思議さが倍増するのです。
最終的に物体そのものよりも、それを作った作者に興味が向くのです。

その後音信が不通になりましたが、Kaoriさん元気にアートの勉強しているのでしょうか?

情報提供、ご意見などは、送信フォームまで

もし、このサイトで紹介しているよう不思議な創作物を見かけたらぜひご一報ください。
採用者には、拙作の粗品になりますが謝礼を差し上げております。
ただし、粗品は、造り置きしたものから適当にチョイスします。
何が届くかはお・た・の・し・み

※電話、FAXによる受け答えは一切行いません。
また、アポなしで訪問されても居ない事が多いので、必ず事前に連絡フォームで確認してください。


※メールの題名には、日本語で、出来るだけ判りやすいものをつけてください。
Spamメールが大変多いので、安直なタイトルだと全く気が付かない場合あります。教えて君は、基本的に却下します。

Contact me(Sorry,Contact Form Only !! Do not phone me.)
Please send me a message about your information or comment , etc.
Please apply the comprehensible title of mail as much as possible.
Because I receives quite a lot of Spam mail.
And pardon me,I can't teach anyone how to make a impossible objects.
This is my policy rule,if you beg me how to,I will ignore you.
Contact Me

リンクはご自由にどうぞー。
If you like,Link free!

 もし本記事がお気に入りましたら、以下をぽちっとしてくださると助かります。
細々とした運営をおこなっています。ご助力のほどをお願いします。
よろしければ、投銭をお願いします。

bitcoin:1BkUhqHZBRn2MqBiqwRwZfWwfJ81ozww6t