他にもイロイロ面白いネタあります。ぜひトップページからお入りください。
リンクは、必ずトップページにリンクしてください。http://galleryimpossible.com/

メニューへ戻る


カウンター (2006/4/4カウンター設置)
キリ番ゲットされた方は申し出てくださレ。何か良いことあるカモよ。



秘密の花園

今回は、エッセイです。

この不可能物体というものを作り始めて数年が過ぎている。
ここらで、なぜ、私がこのような物体を作り出すようになったかを語ろう。
きっかけは、やはり芦ヶ原先生の訃報である。
訃報が囁かれるようになった時期、巷では不可能物体に関する話題に触れることが多くあった。

その時に初めて、例の5円矢を自作をしてみようと試みたのだ。
5円矢そのものは、そのはるか以前に購入して持っていた。
どんなものかは、実際に触れて理解していたので、最初の試作は1週間ほどで完全になった。
しかし、最初は、精度の悪いものだった、成功する確率も低かった。
普通は、この段階で満足して辞めるだろう。
そのうち、しつこく試作を繰り返すことで、精度も高く、成功率も100%近くなった。
また、いろんなバリエーションも思いつくようになっていった。
物体に関する資料の蒐集も行うようになっていき、より知識の幅を広げていった。
そして、その歴史や5円矢以外にも、いろんな不可能物体が存在することを知った。

なぜ、そこまで不可能物体に打ち込めるのか。
思えば、私は、小さいころから手品とかパズルには大変興味を持っていた。
一度は手品師になりたくて、小道具を通販で買い集めたり、一人でこそこそ練習などしていた。
出来れば、人を驚かせ、楽しませるような仕事に就きたいと願っていたのである。
しかし、そのような考えは、受験に巻き込まれていく過程で趣味的なものにとどまり、そのうち練習すらしなくなった。
そして、今はまったく異なる職種の会社を経営している。

時に、私は、ミスターマリックとはお知り合いですか?などと聞かれることがある。
確かに、私の作っているのもは、マリックの手品にテイストが近いものがあるカモ。
実は、直接面識はないが、もしかしたら、過去に出会っていたかもしれない気がしている。
というのは、マリックは、今はなき岐阜近鉄デパートでアルバイトをしていたという話を聞いたことがある。
私も若い頃に手品に興じた頃、この近鉄デパートのおもちゃ売り場によく足を運んでいた。
なぜか、このおもちゃ売り場には、手品の小道具が妙に充実していて、時折店員の兄ちゃんが巧みな演技を魅せてくれたのである。彼は、もしかしたら、若かりし頃のマリックではなかったとふと思うのです。

そのような思いを悶々と秘めていたので、不可能物体という秘密の鍵を手に入れた瞬間、目の前に秘密の花園が現れたのである。
この一度は枯れてしまった秘密の花園を、もう一度育てて満開にしてやろうと思い立ったわけだ。
これこそが、自分に最適のライフワークであると。

加えて、非常に疑い深い性格で、時には下らない冗談や創作を試みる素養もあり、
生来の手先の器用さと執念深さは、不可能物体作りにとてもぴったりだったと思う。

現在、私は、手品とは全く違う方法で、人々を不思議にさせ、混乱に落としいれ、楽しませ、苦しめることができるようになった。
これは、小さい頃からの念願である。
手品と違うのは、私の物体は、実際に手に取り、自由に舐め回し、しかも永久にその不思議を堪能できるということだ。
そして、それを世代を超えて楽しんでもらえる。
きっと、100年後の骨董市などで物好きが手に取って嘗め回してくれることだろう。
おそらく、私しか作ることができない物体も今後作り出せるだろう。


情報提供、ご意見などは、送信フォームまで

もし、このサイトで紹介しているよう不思議な創作物を見かけたらぜひご一報ください。
採用者には、拙作の粗品になりますが謝礼を差し上げております。
ただし、粗品は、造り置きしたものから適当にチョイスします。
何が届くかはお・た・の・し・み

※電話、FAXによる受け答えは一切行いません。
また、アポなしで訪問されても居ない事が多いので、必ず事前に連絡フォームで確認してください。


※メールの題名には、日本語で、出来るだけ判りやすいものをつけてください。
Spamメールが大変多いので、安直なタイトルだと全く気が付かない場合あります。教えて君は、基本的に却下します。

Contact me(Sorry,Contact Form Only !! Do not phone me.)
Please send me a message about your information or comment , etc.
Please apply the comprehensible title of mail as much as possible.
Because I receives quite a lot of Spam mail.
And pardon me,I can't teach anyone how to make a impossible objects.
This is my policy rule,if you beg me how to,I will ignore you.
Contact Me

リンクはご自由にどうぞー。
If you like,Link free!

 もし本記事がお気に入りましたら、以下をぽちっとしてくださると助かります。
細々とした運営をおこなっています。ご助力のほどをお願いします。
よろしければ、投銭をお願いします。

bitcoin:1BkUhqHZBRn2MqBiqwRwZfWwfJ81ozww6t