他にもイロイロ面白いネタあります。ぜひトップページからお入りください。
リンクは、必ずトップページにリンクしてください。http://galleryimpossible.com/

メニューへ戻る


カウンター (2006/4/4カウンター設置)
キリ番ゲットされた方は申し出てくださレ。何か良いことあるカモよ。



International Puzzle Party 30 in Hokone


2010/7/13,14と湯本富士屋ホテルで行われた
国際パズル会議IPP30 in Hakoneに参加しました。
パズル会議と聞いて侮るなかれ、その筋では高名であるような
世界の頭脳のような方々がこぞって参加してたりします。
IPPは、本来招待客だけが参加が許されるイベントなのですが、
今回にかぎり箱根の部では一般参加も可能ということなのです。
それは参加せねばなるまいてと、参加出展をさせていただきました。
イベント内は、写真撮影等は禁止ということですので、
残念ながら写真などは残っておりません。新作パズルなどは版権などが絡むので、
そういったトラブルを避けるためです。
ですから、文字ばっかりのレポートで申し訳ありません。

13日は、殆ど移動と新作パズルの品評会と、
14日は、午前のセミナーと午後のフリーマーケットです。

品評会では、投票権はありませんが、自由に新作のパズルやからくり細工など
を触って遊ぶことができます。
いい大人のガイジンさんたちが、みんな真剣なまなざしで遊んでいるのは、
やはりちょっと異空間です。
それにまぎれて、似たようなことをしている自分が、自分ではないような気が
してきます。
この日このホテルに泊まっている人は、IPPの参加者が殆どだと思われますので、
人とすれ違うたびに、同類だと思われるのかにこやかにガイジンさんが話しかけたりしてくれます。
ガイジン慣れしていないとちょっとドキドキします。

翌日のセミナーは、箱根からくり細工と日本のからくり錠と継手の話です。
日本語と英語の同時通訳で話が進みますので、いかにも国際会議に参加している気に
なってきます。
からくり錠の話は以前から興味を持っていたのもあり、実演も交えて面白かったです。
継手は、概ね話の流れを理解しているつもりですし、次のフリマの設営準備が
あるので、途中退場しました。最後まで聞けず申し訳ありません。

フリマは、やはり今回のメインイベントです。売るほうも買う方も血眼に成りながら、
物色します。
めぼしいものは、最初の30分くらいで無くなってしまうので、
自分の設営準備が終わり次第さっそく私好みの物体でもないか見て回ります。
これはと思うものは、つばを付けて取っておいてもらいます。
オープンすると同時に、IPPのメンバーが優先的に会場入りを許され、どっと流れ込んできます。
これが、第一波の攻撃です。

今回は、売り子として奥方を連れ出しましたが、これまたひっきりなしに参加者が
話かけるのでどちらもトイレにいく余裕すらないくらいです。
もちろん昼飯も食べる暇がありませんので、事前に買っておいたパンをかじる程度です。
名だたるヤンゴトない方たちがブースに立ち寄ってくれて
話かけてくれましたので大変楽しゅうございましたです。
残念なのは私の英語力が不足ぎみで特にヒアリング能力にかけて
うまく外国の方と疎通ができなかったことです。
なにやら勘定を間違えたらで怒らせてしまうような場面もありましたが、
お互いに気が競っておるので仕方がないことです。
誤解さえ解ければ、同好の好で友達になれるものです。

時にUchinanさんが、そういった様子を見かねてか通訳等をしていただきまして、
大変ありがとうございました。
他にも、フロッピーキューブ、ボイドキューブの岡本さんとお話することができました。
これは、キューブつながりができました。

開場30分を過ぎると、今度は一般客が入場を許されどっと流れ込んできます。
第二派が襲ってきました。
そうなると、それほど広くはない開場が和洋で入り乱れて混沌としてきます。

後日、獲物を整理していたらなにやらジェリー・スローカム氏の名刺が出てきました。
ジェリー・スローカム氏といえば、パズル界の重鎮中の重鎮で、このIPPの主催者でもあります。
いつこの名刺をいただいたのか記憶が定かではありません。
開場してすぐに見に来られたような気がします。
なにかしら失礼なことをしてしまったような気がしてなりません。
うる覚えですが、うちの奥方が何やら熱心に接客していたような、
誰だが分かっていたのかどうか...

今回は、不可能物体やら三つ編みしたお札やらストラップなどを売り物として持って行きました。
三つ編みのお札は、ゴロム氏をはじめ多くの方々が気に入ってくださって、
入手されていきました。これはすごいことです。
このゴロム氏というのは、ソロモン・ゴーロム博士のことです。
白髪のお髭が立派ですぐに分かりました。IQ180のお人です
独特のオーラを発しておられて、随分遠くからでも挙動を目で追ってしまいました。
値段もお手頃でお土産価格だったので、一人で10、20と買っていかれる
人もおりました。

私のために箱根までわざわざ出向いていただいた方もおられたようで、大変ありがとうございます。
日ごろWEB上で見ていただいるファンの方々と直接話することがができて、多いに刺激を受けることができました。

商品も特別にコーラ瓶の連作を持っていったのですがやはりこれが
あっというまになくなりました。
コーラ瓶は、やはり絶大な人気です。世界中でどこでも通じるからでしょうか。
Crazy!とかCool!とかつぶやいて買って行かれました。
瓶のディスプレイ用として、電飾のLEDを使ったですが、それにも興味を持たれて、
結局それも欲しいと持っていかれてまいました。
100円均一で買えるものなのですが、珍しいんでしょうね。

小物から比較的はやく姿を消し、大物が残りぎみだったで飛行機で持ち帰る手間が気になるのだなと痛感しました。

また、特別に瓶細工なども持ち込んだのですが、それも買い手がついて好かったです。

昔の雑誌クォークのパズル欄の切り抜きでダブったものを持って行きました。
全部で40〜50枚はあったでしょうか。
コピーやスキャンしたものを持っている人は多いでしょうが、切り抜きの原本はこれはこれで
価値があるだろうと持って行きました。
ローリー・ブロッケンシャイヤーさんが来て、散々自分の記事がないか探したのですが、
見当たりません。確か持っていたような気がしてたのですが、既に売れてしまったようです。
世界のパズル家シリーズに登場する人たちが自分の載った記事がないかと探すのです。
雑誌の記事に出ている本人を目の前にして、その本人の記事を売るとはなんとも不思議なものです。
中には、付録付きのも混ぜておいたりしたので、そういったものはすぐに無くなり、
それぞれが自分の好みに合わせた記事を探して入手していきました。
しかし、帰って整理してみると、どうもマイコレクションとして売ってはいけなかったものまで
間違って売ってしまったようです。まあ、いいか。
他にも店の飾りとして持ち込んだロングマッチ棒キューブとかも欲しい人が現れまして、
あれ結構作るの大変なんですけど、材料費代で譲ってしまいました。

IPP30 My Hunting Result
さて、私の今回のIPP30の数少ない獲物です。
新作パズルでもなし、このくらいなら公開しても差し支えない範囲だと思います。

接客の間に物色する時間も限られており、なかなか不可能好みの私としては物色するアイテムも
多くはなかったのですが、

まずは、ドラフトマンドリームは、以前から欲しかったもので、ようやく手に入りました。
秋山 久義先生ありがとうございます。

マッチ棒の立体は、好くこれらを瓶詰にしているBozoki氏のものです。
開場まもなくブースを覗きにきてくれて話掛けてくれました。 私のお札の折り紙と交換していただきました。
氏曰く、マッチ棒はやはり日本製が良いのだそうです。
奥様と一緒に来日されておりました。
Bottle-whimsey
その後ろのは、三重に入れ子になった立方体です。
ひとつのブロックから削りだしたもののようだ。
うっかり名刺をもらうのを忘れましたが、他にもお札の折り紙を売っていたので、
私の同類だと思います。店開きが始まってすぐに来てくれました。
折り札は、新作ではなく四角に編みこんだもので知っているので入手しませんでした。

こうして、私のIPP30は無事盛況に終わりました。

情報提供、ご意見などは、送信フォームまで

もし、このサイトで紹介しているよう不思議な創作物を見かけたらぜひご一報ください。
採用者には、拙作の粗品になりますが謝礼を差し上げております。
ただし、粗品は、造り置きしたものから適当にチョイスします。
何が届くかはお・た・の・し・み

※電話、FAXによる受け答えは一切行いません。
また、アポなしで訪問されても居ない事が多いので、必ず事前に連絡フォームで確認してください。


※メールの題名には、日本語で、出来るだけ判りやすいものをつけてください。
Spamメールが大変多いので、安直なタイトルだと全く気が付かない場合あります。教えて君は、基本的に却下します。

Contact me(Sorry,Contact Form Only !! Do not phone me.)
Please send me a message about your information or comment , etc.
Please apply the comprehensible title of mail as much as possible.
Because I receives quite a lot of Spam mail.
And pardon me,I can't teach anyone how to make a impossible objects.
This is my policy rule,if you beg me how to,I will ignore you.
Contact Me

リンクはご自由にどうぞー。
If you like,Link free!

 もし本記事がお気に入りましたら、以下をぽちっとしてくださると助かります。
細々とした運営をおこなっています。ご助力のほどをお願いします。
よろしければ、投銭をお願いします。

bitcoin:1BkUhqHZBRn2MqBiqwRwZfWwfJ81ozww6t