他にもイロイロ面白いネタあります。ぜひトップページからお入りください。
リンクは、必ずトップページにリンクしてください。http://galleryimpossible.com/

メニューへ戻る


カウンター (2006/4/4カウンター設置)
キリ番ゲットされた方は申し出てくださレ。何か良いことあるカモよ。



ハイパーカードその3 HyperCard3


ハイパーカードその2で書き漏らしたものをここで紹介する。

これは、ジャック・ボターマンズ(Jack Botermans)の「Paper Capers An amazing array of games,puzzles,and tricks」に載っていたもの。
ボターマンズといえば、「パズルの世界」などの著者で有名だ。
このPaper Capersには、その2で紹介したものも含め3つのハイパーカードが載っている。
他にも紙を使った遊びや楽しいトリックなどがいっぱいだ。写真や図がいっぱいで英語が読めなくてもよく解る。
Paper Capersは、洋書しかないが、昨今ならamazon等で安価に簡単に手に入る。便利な世の中になったものだ。
値段も手ごろなのでぜひお勧めする。

この物体は、稼動片が2つ入れ違いに立っている。実際には、切れ目が2箇所り解りにくくしてある。

(HyperCard by Jack Botermans)

次は、トラップドアカードの3段活用です。

すべて、切り込みと折り曲げ(Slit and Fold)だけを使ったものです。
これは、以前にハイパーカードの章で紹介した「トラップドア」です。

(TrapDoor)

それを、発展させた2フレームのものです。
これは、「Puzzlers' Tribute: A Feast for the Mind」のリュック・スメット(Luc De Smet)の記事に載っていたものです。
リュック・スメットは、不可能物体に特別な興味を持っているパズルコレクター。
もともとは、アンガス・ラベリー(Angus Lavery)が発展させたものと思われる。

(2 Framed Trapdoor)

さらに、それを発展させた3フレームのものです。
こちらは、一応私のオリジナルです。
でも、これに似たものは、既に誰がかが作っているかも。

(3 Framed TrapDoor)


情報提供、ご意見などは、送信フォームまで

もし、このサイトで紹介しているよう不思議な創作物を見かけたらぜひご一報ください。
採用者には、拙作の粗品になりますが謝礼を差し上げております。
ただし、粗品は、造り置きしたものから適当にチョイスします。
何が届くかはお・た・の・し・み

※電話、FAXによる受け答えは一切行いません。
また、アポなしで訪問されても居ない事が多いので、必ず事前に連絡フォームで確認してください。


※メールの題名には、日本語で、出来るだけ判りやすいものをつけてください。
Spamメールが大変多いので、安直なタイトルだと全く気が付かない場合あります。教えて君は、基本的に却下します。

Contact me(Sorry,Contact Form Only !! Do not phone me.)
Please send me a message about your information or comment , etc.
Please apply the comprehensible title of mail as much as possible.
Because I receives quite a lot of Spam mail.
And pardon me,I can't teach anyone how to make a impossible objects.
This is my policy rule,if you beg me how to,I will ignore you.
Contact Me

リンクはご自由にどうぞー。
If you like,Link free!

 もし本記事がお気に入りましたら、以下をぽちっとしてくださると助かります。
細々とした運営をおこなっています。ご助力のほどをお願いします。
よろしければ、投銭をお願いします。

bitcoin:1BkUhqHZBRn2MqBiqwRwZfWwfJ81ozww6t