他にもイロイロ面白いネタあります。ぜひトップページからお入りください。
リンクは、必ずトップページにリンクしてください。http://galleryimpossible.com/

メニューへ戻る


カウンター (2006/4/4カウンター設置)
キリ番ゲットされた方は申し出てくださレ。何か良いことあるカモよ。



拾い物


最近の拾い物を紹介します。



また最近通い始めた喫茶店で見つけました。
絹手毬ならぬ、竹手毬です。竹の繊維で作ってあるそうです。
作り方は、絹手毬とほぼ同様でしょう。
京都などの観光地で売っている絹手毬の竹バージョンですが、
上手に毬が作ってあります。中には、竹トンボが入っています。
私も以前自作してみたことがありますが、こんなに上手には出来ませんでした。
綺麗な毬にはなかなかなりません。
かなり苦心したのではないかと思います。




これは、トライポッドつまり三脚です。
もちろん一本の木のカタマリから作ります。
丸い器や水晶などのパワーストーンを載せる台ですが、近所のスーパーで
売っていました。
これと同じものが、Tangermanの「Whittling and woodcarving」や「The Art of whittling」に載っていますが、
まったく同じ形状で進化していません。
犬をモチーフにしたものと、ヘビをモチーフにしたものがあります。
これは、ヘビ?でしょうか。
インドやジャマイカなどで生産されているそうです。
本来は、固い木でつくるそうですが、この物体は、かなり軟らかい木ですので、工芸品というよりは、
お土産品です。値段もかなりお手ごろでした。
以前韓国に行ったときに、これのすごい物体をみたことがあります。
これです。



Whittlingつながりでもう一つ。
ちょっいとしたブームが来ているのでしょうか。

おそらくは、日本で唯一のホイットリング作家の上條宜子さんがホイットリング教室を開いてらしゃる。
聞くところによると、結構人気講座だそうだ。
こうゆう方向性もありか。

コミュニティクラブたまがわ


情報提供、ご意見などは、送信フォームまで

もし、このサイトで紹介しているよう不思議な創作物を見かけたらぜひご一報ください。
採用者には、拙作の粗品になりますが謝礼を差し上げております。
ただし、粗品は、造り置きしたものから適当にチョイスします。
何が届くかはお・た・の・し・み

※電話、FAXによる受け答えは一切行いません。
また、アポなしで訪問されても居ない事が多いので、必ず事前に連絡フォームで確認してください。


※メールの題名には、日本語で、出来るだけ判りやすいものをつけてください。
Spamメールが大変多いので、安直なタイトルだと全く気が付かない場合あります。教えて君は、基本的に却下します。

Contact me(Sorry,Contact Form Only !! Do not phone me.)
Please send me a message about your information or comment , etc.
Please apply the comprehensible title of mail as much as possible.
Because I receives quite a lot of Spam mail.
And pardon me,I can't teach anyone how to make a impossible objects.
This is my policy rule,if you beg me how to,I will ignore you.
Contact Me

リンクはご自由にどうぞー。
If you like,Link free!

 もし本記事がお気に入りましたら、以下をぽちっとしてくださると助かります。
細々とした運営をおこなっています。ご助力のほどをお願いします。
よろしければ、投銭をお願いします。

bitcoin:1BkUhqHZBRn2MqBiqwRwZfWwfJ81ozww6t