他にもイロイロ面白いネタあります。ぜひトップページからお入りください。
リンクは、必ずトップページにリンクしてください。http://galleryimpossible.com/

メニューへ戻る


カウンター (2006/4/4カウンター設置)
キリ番ゲットされた方は申し出てくださレ。何か良いことあるカモよ。



五円矢の謎

#うひょう!つづり間違えた。Ouch! Spell mistake!

最近、よくグッズやメディアに登場する矢通した5円玉ですが、正確な歴史が伝わっていないのでもう一度整理しよう。
意匠登録など権利関係がどのようになっているか、よくわからないがせめて、起源や流れについて触れるのが礼儀ではなかろうか。
ましてや、独自に考案したかの口ぶりや伝統工芸であるかのような扱い方は、本来の考案者に失礼であろう。
もし、そのような経緯を風化させようという意思でもあれば、ひどい話だ。
ただしく理解したうえで、ぜひ楽しんでもらいたい。

そもそもは、1982年にゲイリー・フォシェが考案したコーラビンを模して、5円玉に矢通した物体を芦ヶ原先生が造った。
「奇想天外パズル(光文社)1984/10/20発行」には、IPP 7(Beverly Hills, CA, USA - April 1984)のために、この5円矢を30本を作成し提供したとある。
同年のクォーク誌4月号にも、この5円矢が「不思議な5円玉」というタイトルで登場している。
そこには、エイプリルフールとして、どんぐりの苗木に5円玉を通して造ったという逸話が紹介されている。
もちろん、巻末には編集部の注で、エイプリルフールであることを明記してである。
ただ、別の記事では、この写真の植木、本当に芽吹いて3年待って撮影したそうだ。
その仕込みの執念さには全く恐れ入る。
それから20年近く時が経っているので、もしまだ枯れていなければ、今頃かなり立派な木になっているはず。

ただ、
ゲイリー・フォシェが最初の考案者かというとかならずしもそうではない。古い木工パズルの本には、原始的で強引な方法であるが、
矢通しする方法が載っているので、フォシェがそれを知っていた可能性は高い。芦ヶ原先生も同様である。
フォシェの優れた点は、そういったものを再発見し、現代風にアレンジし、洗練させた点である。
だから、コーラビンが強烈なイメージで印象に残るのである。古い木工パズルのままでは、脚光は浴びなかっただろう。

The first story,Galy Foshe made Cola Arrow in 1982.And Nob Yoshihara made Coin Arrow like that in 1984 April IPP7.
In Quark Science Magazine(Kodansya Japan) 1984 April,His puzzle column show this Coin Arrow.
The story is April Fool,He made this as the coin was put into young tree when 3 years ago. 


Quark Magazine 1984/4

その後、「不思議なごえん」という商品名で、1988年頃に東洋ガラスから発売され、広く知られるようになった。
これは、
芦ヶ原先生が監修を行っている。
「THE ORIGINAL MISTERIOUS COIN 不思議なごえん」(PZ-011-500)
Cのマークがあるので登録商標にはなっているようである。意匠登録までされているかどうはよくわからない。
私もこの「不思議なごえん」を当時買って持っていた。多分1988年より以前だと思う。
500円で売っていたような気がする。作り方のヒントは入っていなかった。
その感動が今に繋がっている。
それは、残念なことに弄っているうちに壊してしまい残っていない。

勝手に、伝統的な工芸品だなどと位置付けられては、芦ヶ原先生も浮ばれません。
「不思議なごえん」を物まねしただけの商品展開というのもいかがなものかな。
せめて、捻りや、面白い作り話を加えて欲しい。




これは、不思議な古銭。パズル店に売っているものよりは、少々長い。
骨董市を歩いていたら、偶然手にいれた。かなり古いものらしい。
寛永通宝は、4文銭の波銭が使われている。
本当に江戸時代ものか、確かに伝統工芸だったのかもしれない!?
(これは大嘘です)

This is old japanese coin in the wood arrow.I got it in the antique market.
200 years ago,Japanese made themselves fun so create like this.

(April Fool)

また、最近これのキットや作り方なるものを掲載したり、ネットでその一部を販売していたりするようだが、それでも、上手に作れないとか、失敗してという話を良く聞く。あまり、中途ハンパな情報を垂れ流さないで欲しいものだ。
そのような皆さんのために、特別に限定数で、私独自の5円矢の材料を提供しましょう。当然、切り貼りなどは一切しておりません。
これがあれば、だれでもオリヂナルな5円矢が確実に作れてしまいます。
さて、よく、矢を作ってから5円玉に通すのかと聞かれるが、私は、その逆もあると答えるようにしている。
また、なぜ矢である必要があるのかとも聞かれるが、決してそうではないと答えるようにしている。
その理由が、実はこの角材です。
もちろん、矢の形である必要は一切なく、独自のデザインや、ロゴやメッセージ、名前なども彫り込むことができます。
5円玉は、最初から角材の中央部分に埋まっていますので、あとは、お好きな形に切り出すだけ。
あなたの創造性を存分に発揮してください。
トップ画像のようにメッセージを透かし彫りすることもできます。


五円矢自作キット DIY Coin Arrow Kit

This is DIY Coin Arrow Kit for you.
You can make Coin Arrow in any shape . you only cut this.

写真は、20cmのもの。材質は、ヒノキ。3×10×200[mm]
5円玉は、平成14年で選べません。コインは新貨になりますが、時間が経っていますので傷などは微妙にあります。
また、製材時に多少の傷やゆがみなどが残ります。

ただし、今年は、不作で山に行ってもあまり多くは採れませんでしたので、各限定1本です。
10cm 1000エン 1本のみ!
20cm 2000エン 1本のみ!
30cm 3000エン 1本のみ!
乞うご期待!?


情報提供、ご意見などは、送信フォームまで

もし、このサイトで紹介しているよう不思議な創作物を見かけたらぜひご一報ください。
採用者には、拙作の粗品になりますが謝礼を差し上げております。
ただし、粗品は、造り置きしたものから適当にチョイスします。
何が届くかはお・た・の・し・み

※電話、FAXによる受け答えは一切行いません。
また、アポなしで訪問されても居ない事が多いので、必ず事前に連絡フォームで確認してください。


※メールの題名には、日本語で、出来るだけ判りやすいものをつけてください。
Spamメールが大変多いので、安直なタイトルだと全く気が付かない場合あります。教えて君は、基本的に却下します。

Contact me(Sorry,Contact Form Only !! Do not phone me.)
Please send me a message about your information or comment , etc.
Please apply the comprehensible title of mail as much as possible.
Because I receives quite a lot of Spam mail.
And pardon me,I can't teach anyone how to make a impossible objects.
This is my policy rule,if you beg me how to,I will ignore you.
Contact Me

リンクはご自由にどうぞー。
If you like,Link free!

 もし本記事がお気に入りましたら、以下をぽちっとしてくださると助かります。
細々とした運営をおこなっています。ご助力のほどをお願いします。
よろしければ、投銭をお願いします。

bitcoin:1BkUhqHZBRn2MqBiqwRwZfWwfJ81ozww6t