他にもイロイロ面白いネタあります。ぜひトップページからお入りください。
リンクは、必ずトップページにリンクしてください。http://galleryimpossible.com/

メニューへ戻る


カウンター (2006/4/4カウンター設置)
キリ番ゲットされた方は申し出てくださレ。何か良いことあるカモよ。



これを見ている人であれば、組木は当然知っていると思います。
組木の基本に、3本組木というのがあります。
本来の組木は、それぞれ違う形に切り出して組み合わせます。
それで組んだり、外したりすることができます。
本来組み木は、すべて同じ形だと組むことも外すこともできませんが、ただし、3本組木の場合は、直角三角形に1/8だけ残して、回すように組むことで組み上げる事ができます。
これを、まわしと呼びます。

Impossible 6 Barrs made of same Parts

この写真の物体も3本組木です。8mmの角材が3本使って作ってあります。
ただし、写真でははっきりわかりませんが、3本とも同じ形で切り出してあります。
組み合った部分は、それぞれ1/4だけ残してあります。
では、1/4だけ残したものは組むことができますか?
「まわし」はできませんよ。
つまり、この組み木はきっちり組み合っているので、はずすことはできません。
まわしもできません。では、どうやって組んだのでしょうか?

亀井昭夫さんの作品で6枚組み木というものがあります。
しかし、亀井昭夫さんの作品は、この6枚の板は、合同であるそうです。
それを再現してみました。
6枚の板はまったく同じ形で、それぞれががっちりと組み合っています。
幅1cm高さ3mmの板に1.5mmのほぞが掘ってあるだけの単純なものです。
つまり、一度組んだら、もう外すことができません。
どうやって組んだのかが、課題です。
木目も全部違うので一本の木から切り出したものではありません。
もちろん、切ったり貼ったりもしていません。
木を反らして組むような余裕もありません。

Impossible 6 Barrs by same parts
難易度★


情報提供、ご意見などは、送信フォームまで

もし、このサイトで紹介しているよう不思議な創作物を見かけたらぜひご一報ください。
採用者には、拙作の粗品になりますが謝礼を差し上げております。
ただし、粗品は、造り置きしたものから適当にチョイスします。
何が届くかはお・た・の・し・み

※電話、FAXによる受け答えは一切行いません。
また、アポなしで訪問されても居ない事が多いので、必ず事前に連絡フォームで確認してください。


※メールの題名には、日本語で、出来るだけ判りやすいものをつけてください。
Spamメールが大変多いので、安直なタイトルだと全く気が付かない場合あります。教えて君は、基本的に却下します。

Contact me(Sorry,Contact Form Only !! Do not phone me.)
Please send me a message about your information or comment , etc.
Please apply the comprehensible title of mail as much as possible.
Because I receives quite a lot of Spam mail.
And pardon me,I can't teach anyone how to make a impossible objects.
This is my policy rule,if you beg me how to,I will ignore you.
Contact Me

リンクはご自由にどうぞー。
If you like,Link free!

 もし本記事がお気に入りましたら、以下をぽちっとしてくださると助かります。
細々とした運営をおこなっています。ご助力のほどをお願いします。
よろしければ、投銭をお願いします。

bitcoin:1BkUhqHZBRn2MqBiqwRwZfWwfJ81ozww6t